コスチューム

 

このコレクションは大変豊富で多岐に渡ります。時代は16~19世紀頃の、ヨーロッパからインド、中国、日本にいたる地域のコスチュームにフレデリックのの興味があったことが分かります。

特筆すべきものは『Petit costume d'Italie』と呼ばれるナポレオンの衣装です。1805年ナポレオンがイタリアでの戴冠式の際、着用したものです。ベスト、ズボン、ソックス、マントが揃っています。マントはグリーンのベルベットで、銀糸でナポレオンの紋章の刺繍が施されています。